読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい秋の日

 虫の声に秋の気配を感じはじめる頃、大学の夏休みも終わりになり、

大学へ戻る娘を駅まで見送る。

娘は「それじゃ」と言うと改札をくぐり、振り向きもせず行ってしまった。

 

 つい4日前までは、長男も夏季休暇を利用し帰省していたため、久しぶりに家族4人が揃った。4月に就職した長男は、社会人としてはまだまだだが、ちょっとは大人になった感じがした。5日程帰省し、彼の生活の場へ戻った。一人暮らしの生活は、寂しいのか気楽なのか、どうなのだろう。

 

 大学寮生活の娘も来春から一人暮らしを希望している。長期休み期間中は寮が閉鎖になるため実家へ帰省しているが、ひとり暮らしをはじめれば、こうして長期間、帰省することもなくなるだろう。

 

 また、夫婦二人の生活がはじまる。

ケロッとして歩いている妻に「寂しくなるな」と言えば、

「仕方ないじゃない」と返事が来るに決まっている。

 

なんか食べていこうか?

お腹が空いているの?

いや、特に・・・

 

なんとなく、家にまっすぐ帰りたくなかったけどね。

男って寂しがり屋さん。

 

季節は夏から秋へ

年末は帰省するのかな?