読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君死にたまふことなかれ

f:id:aburame-3:20151009144238j:plain

 

今朝はどんな朝焼けになるのだろう。

毎朝の散歩が楽しみになっている。

しかし、夜明けが遅くなると同時に寒くなっているのも事実。

 

期待外れの朝焼けだと、

今春に就職した息子はひとりで寂しくないだろうか?

数年したら、この故郷へ戻ってくるだろうか?

娘はしっかり学んでいるだろうか?

ズボラな娘だけど、彼氏ができたのかな?

あれやこれやと、まるでジイさんみたいなことを思いながら散歩をしている。

 

何かで大学へ進学した息子の部屋に入った時、息子の机を見て驚き

これはなんだと妻に聞いたところ、息子は中学、高校といじめにあっていたそうだ。

 

息子が苦しみ悩んでいた時に、あなたは自分勝手に遊んでいたでしょ。

それに、あなたに言えば、きっと学校やいじめた相手のところに怒鳴りこんで

面倒になるから言わなかった。  

そう妻に言われて愕然とした。

 

中学はPTA役員も務めて、行事にも参加した。

他の役員は息子がいじめられているのを知って、知らないのは私だけだった。

息子のためと思い、PTAや学校行事に参加し親睦を深めていたが、

肝心の息子については全く見ていなかったのだ。

 

 f:id:aburame-3:20151009144105j:plain

 

感情を表面に出さない息子は、

シャープペンシルを机に突き刺し耐えていたのだろう。

私は、厳しい事ばかり言って、

息子の意見や考えには耳も貸さず、話すらしなかった。

 

父親、失格・・・

よく生きていてくれた。

ただ、それだけだった。

 

大学での新たな環境と生活は、息子に変化をもたらしたのか

私とも話をするようになった。(重要なことは妻と話しているようだが・・・)

就職し一人暮らしをした頃は、隣の部屋がうるさいとか話していたが、

今では一人暮らしも慣れて、職場の人も面倒をよく見てくれるので、

仕事が楽しいと話している。

 

今まで父親として何もしてやれなかった分、

これからはできる限りの事はしてやろう。

 

東京は暑かろう~と炭酸水飲料を2箱送った。

日本酒にハマっていると言っていたので地酒を3升送った。

旬の果物も送った。

その度に、息子と娘から、量が多すぎるからやめてくれと

妻に連絡があったらしい。

 

生きていてくれるから、

元気でいてくれるから、

笑っていてくれるから、

どんな返事も心地よい。

 

どうか、いじめないでください。

どうか、自殺しないでください。

ひとりひとりに夢があり、

未来があることを忘れないでください。

 

 

朝日はすっかり太陽の輝きになって、青い空が広がっている。

散歩が終われば、ご飯だ。

愛犬は玄関に向かって走っていく。

今日も一日がはじまる。