読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ!ダイハツ・キャスト

平穏な一日(ひとり言)

妻の愛車ニューパンダが度重なる故障をする度に、その可愛らしさに治療費を捻出し、

ご機嫌なドライブのある生活を過ごしてきた。

しかし、足回りに相当ガタが来ているようで、高額医療費の支払いは無理。

 

ああ、パンダよ・・・

メカ音痴の夫婦の期待にいつも必死に応えてくれていたのだね。

 

思えば、殆ど軽と変わらない大きさのボディと、もしかしたら軽より狭い車内。

軽よりパワーのないパンダだけど、左ハンドルでマニュアルのドライブは

意外なほど楽しかった。

 

そんなこんなで車を買い替えることとなったのだけれど、

世の中の車種のなんと多いこと!

コンパクトカーってどんな車のことをいうのさ?

ミニワンボックスとステーションワゴンの違いってなにさ?

 

どんな車もニューパンダの可愛さには敵わないと嘆く妻に、

車を購入したつもりで高額医療費を支払おうか!と考えるが、

おそらく今後、さらに入院と治療費に悩まされると思うとこの辺が潮時かな。

 

金のかかる車と女(男)とは一緒に暮らせない。

 

新車で200万以内、雪国であるため雪道に強くパンダのように可愛らしい車。

予算からすると必然的に軽自動車になってしまう。

私のお勧めはジムニーだったがスタイルが気に入らない妻。

大人気のハスラーを勧めたけど、どこ見ても走っているし、当然スタイルが嫌いな妻。

 

これなんかどうですか?と店からキャストのパンフレット。

な?なにこれ?私の好みじゃない。

しかし、妻は瞳を輝かせ、アクティバ・ターボを試乗して即決定(うっそ~)

商談はトントントン♪と進んで納車3ケ月待ち。

 

キャストってどんな車なの?と購入してからリサーチするのが私の悪い癖。

酷評の凄いこと凄いことww

やはりハスラーのパクリ評価が多く、さらに他社の車をパクリまくっているとか?

最近あった東京五輪ロゴ盗用疑惑が頭に浮かんでしまった。

それと同時に、デザインの真意 という記事も思い出してしまった。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44577

 

写真家が他人と同じような風景を撮影したら?

映画監督が他の人と同じようなシーンを撮影したら?

画家が同じような色彩とタッチで絵を描いたら?

パンやケーキは?

お店で食べる料理は?

それは全て誰かのパクリになってしまうのだろうか?

 

ハスラーとキャストのデザインは似ているのは

カラーリングだけで、あとはボディも内装もデザインは異なる。

また、ムーブのエンジンをそのまま載せ替えただけと騒いでいるけど、

そんなの他社もナンボでもしている。

自動車評論家の評価でもっと凄いのは「自分は軽には乗らないけれど~」

それでいて軽を評価している点。

興味ない車を?どうしたって良くは評価できないでしょう?

まるで自ら無能な自動車評論家だと言っているよう。

 

いろんな方々のキャストに対する講評を拝見した結果!

 大体にしてエンジン形式や足回りがどうのこうの言われても、

日常生活の中で安全を優先に運転するなら装備優先でしょ?

しかも、最近の車は燃費重視で心をくすぐるようなデザインの車がなかった。

そんな時にハスラーのデザインは消費者の心を掴んだのだろうね。

ハスラーをもっと街乗り風にデザインしたのがキャスト。

だから私はパクリではないと思っている。

 

酷評され続けるキャストも、乗る人が満足すればいい。

妻が満足すればそれでいい。

ニューパンダを購入した時は周囲にはボロクソに言われ、

見事にそのとおりになったけれど後悔はしていない。

むしろ、乗りたかったニューパンダのオーナーとなり、ドライブできて良かった。

残念なのはパンダが軟弱なことだっただけ(妻談)

 

がんばれ!キャスト!

だけど、ハスラーみたいにうじゃうじゃ見かけるのもイヤ。

おそらくバカ売れはしないだろうけれど・・・

キャストは元気な子だといいな~と願うだけ。