読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンピングトレーラー バッテリー電圧低下の原因

キャンピングトレーラーのバッテリーが赤ランプで寿命?で交換したにも関わらず、電圧が11.5v以下で、外部電源を接続しても12.5vという原因不明の電圧低下に悩まされてきました。最悪なのはキャンプ中に室内灯(LEDではありません)1灯だけで電圧低下の警告アラームが鳴り、更に夜中に全く電気を使用していないのに、電圧低下の警告アラームが何度も鳴響き、特別な能力のある人にしか見えないなにかいる?みたいな軽いうつ状態に陥りました。この電圧低下に悩まされ、トレーラーの充電器(25,000円)を交換しても症状は治まりません。

 

首にロープを巻いて、崖から飛び降りる覚悟で

トレーラー(26年購入ローン残債有)を買い替えようか・・・

 

とりあえず電機屋さんに持ち込んで診断してもらったところ、バッテリーも正常で全く異常なし。原因は何?もういや~!!!

 

「原因はおそらくバッテリーチェッカーじゃないかな?店のチェッカーでは12.5vを計測しているけど、トレーラーのチェッカーだと11.5vなんだよね」(診察料5,000円)

 

早速、バッテリーチェッカーをアマゾンで購入し交換すると12.5vを表示し、外部電源を接続すると13.5vを表示。

電圧低下の原因が解決しました。

 

原因も解明し、前から欲しかったハンディクリーナーを購入し、

お掃除しようとインバーターに接続したらモワ~ンと煙が出ました。

ハンディクリーナーは180wでインバーターは120w。

もういや~!!!

幸いヒューズ交換だけで済みました。

ちょっと落ち着いて、物事を考えて、確認して行動しようと思います。