日記

日記に書き綴ることは結構あるけれど、書くことが嫌い?面倒?そんな感じだった。

船釣りも行ったし、キャンプもツーリングも楽しんだ。

たいして文章力があるわけでもないのに、読者アクセスだけは気にしてる。

そういう日記って長くは続かない。

自分の日記だから、マイペースで好きに書き綴っていいんじゃないか?

文章力ないけど・・・

 

プチっと キャンプ

f:id:aburame-3:20180629211932j:plain

 

6月23日

コールマンのポップアップテント(4人用)をポチっと購入。

トレーラーがあるのに・・・

衝動買い。

 

で、使ってみました。

ポ~ンと広がってペグを6本を打ち込むだけ。

テント内は意外と広く心地いい。

耐水性もあるようだけどタープがあった方がいいかも。

 

酔いもまわって就寝。

目覚めたらトレーラーのベットでした(笑

そんなもんだよね。

 

妻のいない生活

水曜日はゴミの日だからね。

それだけ言い残して妻は出て行った。

4日間の出張。

 

お~!独身だ!なんてワクワク感も無い。

できるだけ散らかさないように、洗い物を少なくゴミを出さない。

食事はカップラーメンは意外とゴミになるのでパンにした。

外食はバル(ワンコ)とベル(ウサギ)のお世話や散歩もあるのでやめた。

 

1日目(月)

朝、パンと水

昼、パンとコーヒー

夜、パンと水

 

2日目(火)

朝、無

昼、コンビニおにぎり

夜、パンと水

 

3日目(水)

朝、無

昼、よもぎ

夜、よもぎ

 

この食事メニューでも意外と苦にならない。

苦にならないのではなく、ひとりの食事は味気ないだけだと思う。

私は帰りが遅いので、妻は先に食事を済ませている。

それに毎日、食事を作り、弁当を作り、洗濯掃除と家事をする妻は凄いと思った。

 

絶対、妻より先に死のうと思った。

 

花の・・・

f:id:aburame-3:20180602090501j:plain

 

車庫に飾ってあった。

だれが作ったのかな?

姪っ子かな?

花のなんていうんだっけ?

 

僕が小学生の頃、同級生の女の子たちが花を摘んで作ってた。

今でも、作れる人いるんだ・・・

 

ウサギ

5月連休中は仕事で心折れそうな私にと、プレゼントを頂いた。

 

ライオンラビット。

もう、可愛さだけで頂戴しまったのだが、考えてみると我が家にはワンコがいる。しかも猟犬のミニチュアダックスフントのヴァルカン(通称ヴァル)。無理を言って頂戴したウサギを今更返すわけにもいかず、とりあえず自宅へ連れて行く。

 「可愛い~」と妻、しかしすぐに犬と飼えるワケないでしょ?と拒否される。ヴァルは興奮してクンクン臭いを探り家の中をウロウロする。ウサギの段ボールに前足をかけてクゥンクゥンと鳴いて「ここだよ~!ここになんかいる!ここ!」尻尾を振って私を見るヴァルに、猟犬だな~って思ってしまった。

f:id:aburame-3:20180528085829j:plain

 

ネットでウサギの飼育方法は、なんとなくなく分かったけれど、やはり犬は不味いらしい。しかも狭い段ボールでウサギにストレスを与えてはいけないと思い、ちょっと庭に放してみる。芝部の上で鼻をヒクヒクさせて野ウサギのようだ。次の瞬間、猛ダッシュで逃げた。子ウサギでも足は速く、姿を消してしまった。

 

呆れている妻。

狐の餌になるだろうな~

念のため自宅周辺を探すが見つからない。

特に夜だから見つけるのは難しい。

 

しかし、俺も田舎者!

臆病なウサギはそう遠くへ行ってはいないはず。

しかも土地勘もないから絶対に近くにいるはずだ。

もしかして自宅のデッキ下か?

ウサギ発見!でもデッキ下に潜っていけない。

 

そうだ、ヴァル!

妻に手伝ってもらい、ヴァルにロープを長く結んで、けしかける。

デッキ下から出てきたところを釣り用のタモで捕獲。

本当に見事な捕獲だった。

 

姪っ子が「ベル」と名付けた。

偶然にも娘からも「ベルがいい」とLineが入った。

 

f:id:aburame-3:20180528090614j:plain

 

ベル・・・

耳がデカいのに呼んでも振り向かないし、抱っこも嫌がる。

可愛いけど、可愛くない。

「ウサギは食べるから飼うんだ」なんて言ってた人いたけど

分かるような気がする(だけど食べないよ)

 

好奇心旺盛で活発なベル。

ヴァルも仲良くしてくれたらいな。

  

やる気がないとケガをする

昨年、夏に遊びすぎて?薪作りが遅れていた。

11月下旬になり、やる気がしないのに薪割りをしていた。

 

丸太を切り終わったときに、左手でチェンソーを振り回してしまった。

左脹脛に痛みを感じ、とっさにチェンソーから手を離し放り投げた。

 

右手でアクセルを握るのだけれど、

アクセルを離してもチェンソーの刃は惰性でほんの数秒間、回転している。

寒い日だったので、ジャンパーズボン、綿のつなぎを着ていたけれど、

ザックリと切れた。

 

f:id:aburame-3:20180414080545j:plain

汚い足ですいません (^^;

 

かすり傷だけど、肉を削がれる感じでジンジンする。

チェンソーの刃のライン跡がしっかり残っていて、

ちょっと間違えば、肉が飛び散り骨まで切ってた。

運がよかったな・・・

 

そういえば、数年前に妻は丸太に指を挟み骨折した。

やる気がない時は作業はしない!のが一番だけど、

それだと、やる気スイッチはいつまでもオフのままだから、

薪割り=アウトドアみたいな感じで作業しようと思う。

 

春、梅も咲き始めた(桜の開花より早い)

玉切りにしたままの木を眺めながら、今年は早めに取り掛かろうと思う。

 

ゆとり世代 やってみせ

4月1日、20年ぶりに所属部署で異動があり、新採用者が配属となった。

職員数100名未満の会社で、私の所属部署は課長以外の異動は全くなかった。

4月から課長代理(再雇用者で役付)と私と新採用者の3名となった。

 

彼は平成6年生まれで穏やかな性格で、頭の回転も良く覚えも早い。

しかし、なんかマイペースな感じ。

部署は人数が少ない割に仕事量が多く、それぞれ請求日が決まっている。

 

頭の回転がいいから仕事は覚えてくれるのだが、

「今日はこれで帰ります」ニコニコしながら定時で帰ってしまう。

新人だから焦って教えては酷だろうと思うのだが、

なんかこう、どこかで感じた手応えの無さ。

ああ、息子だ・・・彼は息子と同じ年齢なんだ。

言い方も雰囲気も息子にどことなく似ている。

いわゆる、ゆとり世代

 

ゆとり世代は悪いとは思わない。

息子や娘は、それぞれが思うように生きている。

安定した職に就き、つまらない仕事に人生を費やし、

愚痴ばかりの私に、幸せかと問われたら否定するだろう。

 

彼はマイペースだけど一生懸命に覚え、職場に馴染もうとしている。

一生懸命だけどマイペースな彼の姿に、

私も少しゆとりをもって仕事をしてもいいのかな?と思ってしまう。

 

やってみせ 言って聞かせてさせてみて 誉めてやらねば人は動かじ。

話し合い 耳を傾け承認し 任せてやらねば人は育たず。

やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば人は実らず。

                        山本五十六

 

先ずは私が「やってみせ」だろうな。

なんて自分に言い聞かせ、私ひとり仕事をしている(残業)

締め切りに間に合うかな・・・