ホタテ作業船で鯛を釣る

f:id:aburame-3:20201119095259j:plain

 

 10月30日に、 数年ぶりに職場の釣り仲間と鯛を釣りに行ってきた。

午前5時、夜明け前の陸奥湾は冷え込んで吐く息も白い。

今回はホタテ作業船での釣りで、ホタテに付着した小さな貝とかを取り除き、その小さな貝を鯛が食べにくる。作業の邪魔にならないように気を配り、釣り道具も最小限にする。

船長さんは「たくさん釣れよ~」なんて声をかけてくれけれど、 ハッキリ言って、私は釣りが下手で、人の半分も釣った事が無い。この日も同じで「釣れているか?」「釣ったか?」と何度も声を掛けられる。これが意外とプレッシャーになり、さらに「まだ釣れないのか?」「何匹釣った?」なんて追い打ちを掛けられるともう凹んで戦意喪失。今日もダメか~・・・となってしまう。

 

この日もアタリがわからず合わせられない。すぐ隣で「よっしゃ~キタ~!」「こっちもキタ~」なんて歓喜の声があがる。なんで?

よしきた~!と釣り上げればフグ・・・

ホタテ作業をする人も苦笑い・・・

 

f:id:aburame-3:20201119095347j:plain

f:id:aburame-3:20201119095405j:plain

f:id:aburame-3:20201119095434j:plain

釣れ過ぎてエサが無くなりましたが、作業が終わるまで帰れないので鯛を捌いてます。

*私ではありません。

 

ホタテの作業を見ていて思うのは、海産物の養殖って凄いことなんだと思う。

農産物は品種改良を繰り返すけれど、海産物の品種改良はなかなか難しいと思うし、養殖できるような環境を整えることは大変なことだろうと思う。

黙々と作業をする姿を眺めていたら、見てないで釣れ!と励まされた。

 

この日の釣果は平均12枚でしたが私は5枚でした。

それでも釣りの手応えと、釣った魚は新鮮で美味しいからやめられません。

 

 

キャンピングトレーラーを売却しました。

f:id:aburame-3:20201013212701j:plain

令和2年7月にキャンピングトレーラを売却しました。

最近では殆どがソロキャンプで、ハイエース+キャンピングトレーラーを一人で使うには持て余すから・・・

でも売却してから後悔しています(笑

 

やはりトレーラーは便利です。

雨天に強い。

宿泊場所を選ばない。

居住性が良く、寝心地がいい。

気軽に鍋ができる。

FFヒーターで寒くない。

シンク、冷蔵庫、トイレがあるから本当に便利。

しかもキャンプ用品を収納できる。

 

f:id:aburame-3:20201013214253j:plain

f:id:aburame-3:20201013214317j:plain

f:id:aburame-3:20201013214334j:plain

なんで手放してしまったのだろう。

コロナで遠出もできず、ストレスのせい?

世の中はキャンプブームでしかもキャンピングカーの需要が高まる中で売却するなんて、信じられない!

「あれもこれも、やりたいことだらけで身体は一つしかないんだらね!」

なんて妻に言われ、確かにバイク、キャンプ、釣り、カヤックと遊び道具が多すぎるけれど、キャンピングトレーラーはもう買えないだろうなぁと思う。

 

でも一番の理由は、6月から7月の頃はコロナで東京で暮らす子供への仕送り、自粛で経済は回らず先行きは不安ばかりで、いろいろ疲れていたのだと思う。

売却してしまったのだから後悔しても仕方ない。ハイエースだってキャンピングカーとして使える。そう、使ってみればなかなかいい感じのハイエースキャンプなのです。

f:id:aburame-3:20201013220355j:plain

タープを張ってガスコンロをセットして、あとはハイエース泊で意外といい感じ。

さすがに雨はつらいけど、それもキャンプの醍醐味と思えば。不便もソロだから許せる。キャンピングトレーラーは便利だったけれど、今も自分の時間を自由に思いっきり楽しんで満喫している。

 

これからは・・・

これからのキャンプを楽しむとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の空

f:id:aburame-3:20201009134934j:plain

毎朝の犬の散歩。

夜明けが遅くなっておかげで朝焼けを楽しんでいる。

道端に落ちた山栗を転がすと、

犬が追いかけ獲物を捕らえたかのような自慢顔が可愛い。

 

昨日は燃え上がるような朝焼だったので、

今朝はカメラを持ち出してみたけれど、

昨日と同じ空は無いのだなぁと実感。

 

 

今日は会社で設備点検があり、放送テストでジブリの曲が流れる。

子どもたちとよく見たジブリ作品。

Go to トラベルもはじまったけれど、会社の方針で東京方面は自粛中

年末には子供たちに会えるだろうか。

 

明日はどんな空になるだろうか・・・

楽しみに待つとしよう

 

朝のひととき

f:id:aburame-3:20200613085443j:plain

 

夫婦二人、共働きの我が家は、朝の行動パターンが合わないため朝食は各々で食べる。ある朝、コーヒーを煎れパンを焼いて食べようとしたら、既に朝食を済ませている妻が掃除機をかけ始めた。パンはともかく、コーヒーは豆を挽いてサイフォンで入れた私の朝一番の楽しみ。その楽しみを掃除機の轟音と埃で台無しにされてしまう。

 

今から食事しようとしているのに、どうして掃除機をかけるんだ!

なんて朝から喧嘩も嫌なので、たまには外でコーヒーを飲もうかな・・・とデッキの椅子に座り新聞を読みながらコーヒーを飲む。パンは「掃除されたから食べないよ~」と少し抗議の意味を込めてテーブルに置いたまま。

 

パンを食べないの?掃除の終わった妻が声をかけてきた。

掃除してたから食べないよ。そう返事をすると妻はカチンときたらしく無口になった。

私は朝食は殆どがコーヒーだけで、たまにパンやご飯を食べる。そんな勝手な行動に妻は合わせていられない気持ちはわかる。だから、私が朝食を絶対に食べなければ朝食と掃除機の問題は解決するのではないか?

 

夫婦ふたり生活。

邪魔にならない。

邪魔をしない。

たまに協力。

これ大事かな?と思う。

尻屋崎ツーリング

ワルキューレは6月に車検だけれど、東京でフリーターをして暮らす娘への援助でこちらの資金が底をついたため更新しないつもりだ。まだ5月だけれど走り納め?のつもりで尻屋崎までツーリングに出掛けることにした。ここ数年はバイクより私の腰が重くなり年間走行距離は400キロ程度。今にも振り出しそうな天気だけれど、久々のツーリングは気持ちがいい。

 

338号を北へ向かう。尻屋崎灯台まで約130キロ。ヘタレライダーには十分すぎる距離。

信号も無く比較的真っすぐな道をのんびり走る。海沿いは霧が出て風も冷たく寒くて身体が冷えそうなのでカッパを着ることにした。

 

海が見え、尻屋崎までもうすぐだ。

あれ?通行止めの看板が・・・

 寒立馬へのコロナ感染防止のため規制中だそうで、ここまで来たのに残念。もしかして、不要不急のツーリングをした罰なのでしょうか?

 

f:id:aburame-3:20200519112526j:plain

 

f:id:aburame-3:20200519112542j:plain
 

f:id:aburame-3:20200519112552j:plain

 

 

これからどうしようと考え、軍艦カレーを食べにいくことにした。

 

大湊海自カレー公式ホームページ – 海上自衛隊大湊基地があるむつ市の新ご当地グルメ「大湊海自カレー」。基地所属の艦艇等で提供されているカレーが市内飲食店で味わえます。

 

軍艦カレー認定店は数件あるようで、場所がわかりやすい駅前食堂に決定。

メニューの数は多く、お腹も空いていたので目移りしてしまう。

店員さんに「バイクで来たんですか?」と聞かれ、よくまぁ、この天気の悪い時に・・・と言いたいんだろうなぁと勝手に解釈。

お昼時とあって店内は程よくお客さんが入ってくる。コロナじゃなきゃ混雑するのだろう。

 

f:id:aburame-3:20200519112602j:plain

 

軍艦カレーは各艦船の味があるようで、各店がその艦船の味を伝授し認定書を発行してもらう。駅前食堂は「護衛艦ちくま」のカレーで1250円。

ご飯の旭日旗が、さぁ、食うぞ!(軍艦マーチ)と気持ちを高ぶらせる。

護衛艦ちくまのカレーの味は・・・普通というかなんか物足りない。しかも、ルーがとろみが無く、ベタっとした感じ。

 

f:id:aburame-3:20200519112614j:plain

 

好みに応じて使って下さいとカレーホット。

これがカレーの味を変えた。辛さがあって美味しい~

多くの隊員の舌に合わせるなんて無理だから、辛さ調節はご自分で!ってことでしょうか?

 

 

f:id:aburame-3:20200520204818j:plain

 

豚生姜焼き?もおいしい、サラダもおいしい、ああ、おいしい・・・完食。

カレーホットかけすぎて口がヒリヒリしていたけど、本当に満足。

「ごちそうさま~本当においしかったですよ」とレジでお礼を言うと、

「カレーがベタっとしていたでしょう。船は揺れるからあんな感じになるんです」

あ~なるほど、そういうこと。

 

大湊地方隊:お知らせ・イベント情報【施設見学のご案内】

 

大湊地方艦隊の見学もできるようだし(現在はコロナ対策で見学はできません)次回は違う軍艦カレーを食べてみたいな。

バイクの車検は取ろうかなと悩んでしまう。  

 

コロナ非常事態宣言中の春



f:id:aburame-3:20200509090302j:plain

梅の開花は桜より一足早い。

f:id:aburame-3:20200509085407j:plain

梅の花とトラクター。田舎の風景

 

コロナ非常事態宣言で不要不急の外出が自粛されたGW。

いつものように犬の散歩をする。

いつもと変わらない風景だけど、

ウイルスという目に見えない「敵」に怯え警戒している。

 

満開に咲く果樹の花に、

福島原発事故のときに似ているなぁと感じる。

福島総合体育館は避難者であふれ、不安と悲しみ、苛立ち、そして疲弊。

いろんな感情が入り混じっていた。

外は桜が見ごろで、福島総合体育館は満開の桜に包まれ綺麗だった。

体育館の中の鉛のように重い空気と、満開の桜の光景が妙な感じだった。

いつもの風景がそこにあったが、外出するときは放射線量を気にしながらだった。

 全ては人間が創り出したもの。

クスクスと桜の花びらが舞う春風に笑われているような・・・

そんなことを思い出しながら、いつもの風景と朝の散歩。

季節は春。

 

     

f:id:aburame-3:20200509090433j:plain

旬のタラの芽