読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブで焼き芋

田舎暮らし

f:id:aburame-3:20161101120622j:plain

 

都会ではカボチャで賑わっているようなので、田舎の我が家ではイモで賑わおう!と焼き芋を焼いてみました。

一晩、塩水に浸けたサツマイモを水で濡らしたキッチンペーパーで包んでから、アルミホイルで包んで、薪ストーブにクッキングスタンド(五徳)を入れて炭火で焼くだけ。

美味しい料理のコツは目加減、手加減、いい加減だそうです。火加減がわからないので手加減で温度を測ります。炭火料理は焦ってはいけません。ジワ~っと手がだんだんに焼けていく感じがいい火加減です。

 

イモを入れてストーブの扉を閉めて、ビールを飲みながら焼き上がるのを待つだけです。30分ほどで焼き上がったので、二個は実家へお裾分けして試食してみましたが、しっとりとした感じで、塩水に浸けたせいなのか甘みもありサツマイモというより、スイートポテトっていう表現がピッタリな感じです。

 

f:id:aburame-3:20161101120740j:plain

 キッチンペーパーに焦げ目がついていい感じです。触ってみるとサツマイモはフカフカしています。

 

f:id:aburame-3:20161101120812j:plain

アツアツのサツマイモ~ 

 

残りの一個は、薪ストーブで保温状態にして妻の帰りを待ちます。

 

実家より1時間くらい長く焼いたのですが、水分が抜けホクホクしてさらに美味しい感じです。大きなサツマイモでしたが、夫婦二人で完食。

 

ハロウィンに焼き芋!なんてのもいいもんですよ。